大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 「暦年贈与」とは相続税対策になる?「定期贈与」との違いは?

「暦年贈与」とは相続税対策になる?「定期贈与」との違いは?

≪ 前へ|ステーキハウス大和 北新地 ランチ   記事一覧   相続税対策のための不動産リフォームとは?理由や注意点をご紹介|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

「暦年贈与」とは相続税対策になる?「定期贈与」との違いは?

ある程度の資産が構築されている場合、万が一亡くなった時の場合の相続について考えられている方は多いと思います。
そういった方は「暦年贈与」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
今回は「暦年贈与」というワードに注目し、その内容や注意点等をご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

「暦年贈与」とはなにか

「暦年贈与」とは?

相続税や贈与税などのように、基本的に人から人へ財産が移動するとそこには「税金」が発生します。
その中の贈与税に関しては、年間110万円の「基礎控除」が認められており、毎年110万円までであれば税金がかからないようになっています。
つまり、配偶者や子ども一人ひとりに毎年いくらか贈与しても、110万円までの金額であれば税金がかからないということです。
このような仕組みを利用した相続税対策が「暦年贈与」です。

「暦年贈与」と「定期贈与」どの違いとは?

暦年贈与と似た贈与方法に「定期贈与」がありますが、両者の違いとはなんでしょうか。
定期贈与とは、例えば10年間にわたって毎年100万円ずつ合計1,000万円を贈与するといった約束や契約のように、一定期間に定期的に給付することを目的とした贈与のことを言います。
定期贈与の場合、贈与された金額全てが課税対象となります。

「暦年贈与」する場合の注意点とは

相続税対策として暦年贈与をする場合は、注意点がいくつかあります。

「定期贈与」とみなされないための注意点

贈与契約書の作成など、贈与の証拠を残す
毎年贈与を行っていても、その証拠が不十分であれば、税務署に贈与とみなされない場合があります。
その為、贈与を受ける人の通帳に贈与金額を振り込んだり、贈与契約書を作成して証拠としておく必要があります。

金額を毎年変える
毎年同じ金額の場合、最初からまとまった贈与の予定である定期贈与とみなされるので、毎年贈与する金額を変えるといった注意点もあります。

「名義預金」とみなされないための注意点

名義預金とは、親が子ども名義で預金しそれを親が管理していた場合の預金の事で、相続税の調査においては「親の預金」とみなされ課税対象となってしまいます。
そうならないためには、贈与を受けた人が自由に使用している痕跡を残したり、通帳と印鑑を子どもに渡して管理させるといった工夫が必要です。

「暦年贈与」する場合の注意点とは

おすすめ|賃貸事業用特集

まとめ

暦年贈与は上記のような注意点を把握しておけば、相続税の節税対策として大変有効な方法です。
そのほかにも相続税の対策方法はありますが、いずれにしても、相続に関しては早めに長期的な計画を立てて実施していくことが、節税に繋がります。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。
これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|ステーキハウス大和 北新地 ランチ   記事一覧   相続税対策のための不動産リフォームとは?理由や注意点をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る