大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続税対策のための不動産リフォームとは?理由や注意点をご紹介

相続税対策のための不動産リフォームとは?理由や注意点をご紹介

≪ 前へ|「暦年贈与」とは相続税対策になる?「定期贈与」との違いは?   記事一覧   仮想通貨の相続とは?手続きや相続税についてご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

相続税対策のための不動産リフォームとは?理由や注意点をご紹介

現金や不動産に限らず、相続する場合にはできるだけ節税の対策を行いたいものですね。
実家などの不動産を相続する場合、リフォームすることで相続税を節税できるという事をご存じでしょうか。
今回は不動産の相続において「リフォーム」という点に着目し、節税となる理由や注意点をご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

なぜリフォームが相続税対策になるの?

ご存じの通り、相続税を節税するには相続する財産の相続評価額を減らして、納める税金の金額を低くすることがポイントとなります。
そのことを踏まえると、次のような理由でリフォームが相続税の節税対策となります。

リフォーム代金を相続予定財産から支払うことで全体の相続評価額が下がるため

相続開始前に相続予定の預貯金からリフォーム代を支払うことで、相続予定の財産を減らすことができます。
また、一般的な範疇のリフォームであれば、リフォームしても建物の固定資産税の評価額は上がりません。
よって、トータルでみた場合、相続財産の評価額は下がるので節税出来ることになります。

住宅資金贈与の非課税枠を利用することで全体の相続評価額が下がるため

贈与税には、直系尊属から住宅取得資金や増改築資金の贈与を受けた場合、一定額までは非課税となるという特例があります。
これを利用してリフォーム代金を生前贈与してもらうことで、相続予定財産が減り、相続評価額も下がり節税となります。

リフォームで相続税を節税する際の注意点とは

リフォーム内容に関する注意点

相続する建物の評価額は「固定資産税の評価額」なので、固定資産の評価額が上がらないレベルのリフォームを行う必要があるといった注意点があります。
国税庁では「その家屋に取り付けられ、その家屋と構造上一体となっているものについては、その家屋の価額に含めて評価する」とされているので、その範疇でのリフォームとすれば評価額は上がりません。
具体的には、床面積を増やさないリフォーム、設備や内装のリフォームなどでは評価額はそのままです。

住宅資金贈与の特例枠を利用した場合の注意点

上記の特例を利用するための諸条件を満たしておく必要がある、という部分が注意点として挙げられます。
なお、条件には次のようなものがあります。

●直系尊属からの贈与に限られる
●贈与から工事完了し住み始めるまでに一定の期限がある
●対象となる増築工事の諸条件を満たしている


また、非課税枠は年々減少の傾向にあるので、利用する場合は早めにしておくほうが良いでしょう。

リフォームで相続税を節税する際の注意点とは

必見|売買居住用物件特集

まとめ

相続した不動産にそのまま住む場合や何らかの形で利用する場合、リフォームによって節税が可能であるというのは大変ありがたいですね。
節税対策や制度を上手く活用して、損のない相続を行いましょう。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。
これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|「暦年贈与」とは相続税対策になる?「定期贈与」との違いは?   記事一覧   仮想通貨の相続とは?手続きや相続税についてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る