大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続した空き家は売却したほうがいい?相続放棄した時のメリットとデメリット

相続した空き家は売却したほうがいい?相続放棄した時のメリットとデメリット

≪ 前へ|内縁の関係とは?夫婦関係とは違って相続権は発生するのかどうか   記事一覧   海皇 北新地 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

相続した空き家は売却したほうがいい?相続放棄した時のメリットとデメリット

空き家を相続した人は、空き家を維持するために費用をかける必要があります。
雑草の除去などの手入れを行う必要もでてくるので、空き家の場所が住居よりも遠ければ、維持するのも大変ですし、維持費用がかかってくることも。
所持している必要性がない空き家はどうすればいいのか悩みどころとなっている方もいますよね。
過去には空き家の売却をした際のことを記載したコラムも紹介しましたが、今回は空き家を相続放棄した場合についても紹介していきますね。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家は売却してもメリットがないことも!相続前に確認しよう

相続されることで必ずしもプラスの財産が入ってくるわけではありません。
もしも相続する資産の中に不動産資産が入っている場合、マイナスの資産となってしまう場合があります。
相続すると空き家は相続人の方になり、固定資産税など、空き家を維持するための費用がかかるだけでなく、特定空き家と指定されれば強制退去させられて退去のための費用もかかります。
費用の負担がかかるだけでなく、空き家は周辺環境が悪化している場合はご近所トラブルにも繋がってしまうため、損害賠償が発生してしまう可能性もあります。
資産を相続するだけでもマイナスとなってしまう負の資産がある場合は、相続放棄を視野にいれるようにしましょう。

空き家の相続放棄をした時のメリットとデメリットは?

空き家の相続放棄をするうえで注意するのが、相続放棄すると決めたからといって、すぐに相続放棄が決まるわけではないという点です。
相続放棄は、相続権を知ってから3カ月以内に家庭裁判所へ申し立てをする必要があり、その間に相続放棄のために必要な書類を受理されてからようやく手続きが完了します。
相続する財産の調査が3カ月の間に終わらないときには、資産がプラスかマイナスか把握できません。
実はプラスの資産だったのに相続放棄してしまったというトラブルになる場合もあるので注意しましょう。
マイナスの資産を相続放棄した場合のメリットとしては固定資産税の支払い義務がなくなることです。
不要な空き家の税金を支払えば、大きな負担となる場合もあるので、空き家を活用することがない方は相続放棄をすることを考えてみてください。
また、相続放棄のデメリットとしては、相続放棄を一度行ってしまえば、あとからはその資産の権利を主張することができないという点です。
他にも、空き家の相続放棄が完了したあとも、空き家の新しい相続人が見つかるまでは管理する義務があるため、空き家のメンテナンスは続ける必要があります。

空き家の相続放棄をした時のメリットとデメリットは?

おすすめ|売買居住用物件特集

まとめ

マイナスの資産となることもある空き家は、不要だと感じた時には相続放棄を行って資産として放棄することができます。
ですが、放棄しても完全に管理義務がなくなるわけではない場合があるため、相続放棄を行う際は慎重に進めるようにしてくださいね。
フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。
ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|内縁の関係とは?夫婦関係とは違って相続権は発生するのかどうか   記事一覧   海皇 北新地 ランチ|次へ ≫

トップへ戻る