大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 不動産があると遺産相続でもめることも?相続でもめた時の対処方は?

不動産があると遺産相続でもめることも?相続でもめた時の対処方は?

≪ 前へ|認知症になってしまった方の不動産相続はどう行う?利用できる制度とは?   記事一覧   おんらく家 北新地 ランチ|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

不動産があると遺産相続でもめることも?相続でもめた時の対処方は?

遺産相続の際に、うちにはそれほど財産がないから相続でもめることはないと思っている方も少なくないはず。
相続人に分割しやすい財産だけが残っている場合はもめることもないかもしれませんが、不動産のように分割するのが難しい財産がある時には、遺産相続でもめることがあります。
どうしてもめてしまうのか、もめてしまった時にはどうすればいいのかを紹介していきますね。

弊社へのお問い合わせはこちら

遺産相続でもめる財産の特徴は?不動産があるともめやすい?

相続する財産の中に不動産があることでもめるケースも少なくありません。
現金とは違って、不動産は相続人同士で分けることが難しいため、どうやって分割すればいいのかが分からずにもめてしまう原因にもなります。
遺産分割の割合は相続人であるこどもの人数によってももめることがあり、不動産を相続した場合、兄弟全員に平等な分割が更に困難になることもあります。
兄弟が多い時には、不動産以外にも寄与分がもめる原因です。
被相続人を相続人が長く介護をして世話をしている期間があった場合や、家業を手伝った貢献を考慮したことで遺産相続に公平を持たせるために寄与分が発生します。
公平さを保つために寄与分の主張ができるようになっていますが、一部の相続人が寄与分を主張することで、他の相続人が寄与としてあたるのかどうかともめる場合があります。

遺産相続でもめないためには?第三者である弁護士を雇う方法も

生前のうちから遺言書を作成することで、遺産相続をスムーズに進めることができますが、完全にもめ事をゼロにするというのは難しいです。
被相続人の兄弟関係以外の相続人には、遺留分という最低限の相続分が発生するようになるため、遺言書がその遺留分にも配慮されていない場合は、公平さにかけるということで裁判に発展する場合があります。
遺産相続でもめないための方法としては、第三者である弁護士に依頼をするのがおすすめです。
相続関係になると手続きも難しく、当事者同士では感情的になってしまうこともあるため、遺産相続と関係ない弁護士に間へ立ってもらうことで円滑に話を進めやすくなります。
遺産相続の難しい財産調査や、戸籍などの必要書類を取り寄せることも、依頼すれば弁護士が行ってくれるので、相続手続きの時間が取れないという方も弁護士に依頼をしてみてください。

遺産相続でもめないためには?第三者である弁護士を雇う方法も

おすすめ|売買居住用物件特集

まとめ

手続きをスムーズに進めたい時や、遺産相続でもめたくないという方は、専門知識を持っている弁護士に相談や依頼をしてみましょう。
自分だけではできないと悩んでいる時に助けてくれるだけでなく、相続人の負担を軽減してくれるため、迷った時は専門家へ相談するのがおすすめです。
フランチャイズ開業を検討しているのであれば、株式会社街くるがサポートいたします。
ご興味がおありの方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|認知症になってしまった方の不動産相続はどう行う?利用できる制度とは?   記事一覧   おんらく家 北新地 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る