大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続における遺産分割協議証明書とは?相続をスムーズに進めよう

相続における遺産分割協議証明書とは?相続をスムーズに進めよう

≪ 前へ|相続における遺言代用信託とは?遺言書がなくても遺産が相続できる!   記事一覧   代襲相続とは?その概要や注意点についてご紹介します!|次へ ≫

相続における遺産分割協議証明書とは?相続をスムーズに進めよう

相続における遺産分割協議証明書について覚えておくとスムーズに相続が進められます。
「相続のタイミングで大丈夫」と油断していると後でトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
今回は相続について知りたい方に向けて、遺産分割協議証明書のチェックしておくべきメリットや異なる点を紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続で遺産分割協議証明書の異なる違いとは?

遺産分割協議の準備がそれぞれの相続人で準備が整ったことを証明するために必要になるのが遺産分割協議証明書になります。
その内容に問題がない不備がないということを相続する相続人が署名をして、押印によってその中身が問題なく正しいという証になります。
遺産分割協議書とは協議の内容の証であるので、意味はほとんど同じです。
遺産分割協議証明書と遺産分割協議書は、内部も似ていることから分割の協議をバリデーションする証です。
違いとしては、署名と押印をする人です。
遺産分割協議書は相続人全員の署名に加えて押印が必須で、全ての人が押印と署名をすることによって、全員が合意したと言う証になります。
1人でも遺産分割協議書に署名押印がないと無効になってしまうことはチェックしておくべきポイントです。
遺産分割協議証明書というのは、署名と押印をするのは複数ではなく1人に限ります。
違いを考えれば、ただ人数が異なるというだけではありますが、遺産分割協議書は、遺産分割協議証明書と内部が違っていることも起こりえます。
遺産分割協議書は成立した遺産分割協議の内容を全て記載する必要があります。
署名押印する相続人が相続する財産だけの記載でも良いですし、成立したことに関して全部書いても良いので、自由度が高い遺産分割協議証明書です。
どちらでも効果を発揮するのが、遺産分割協議証明書のポイントです。

相続の遺産分割協議証明書のメリットとは

忘れてはいけない遺産分割協議証明書において、メリットはいくつか存在します。
遺産分割協議証明書は、

●簡単に作成できる
●遠くに住んでいても作成しやすい


という利点があります。
遺産分割協議証明書は、相続人が単体で作成することが可能です。
遺産分割協議書を作成するには、全員の署名押印が必要になるので、簡単に作ることができないケースも多数あります。やむを得ず、他人が代筆を行う場合もありますが基本的には本人の署名と押印が必要です。
簡単に作ることができるのも遺産分割協議証明書のチェックするべきポイントの一つです。
遠くに住んでいても作りやすいことも遺産分割協議証明書のメリットです。
それぞれの該当する相続人が遺産分割協議証明書を作製できるので、揃える必要のある書類もスピーディーに揃えることができます。

相続の遺産分割協議証明書のメリットとは

要チェック|不動産有効活用

まとめ

今回は遺産分割協議証明書に関しての特徴や抑えておくべきメリットについて解説しました。
遺産の相続を考える上で大切なことになるのでこの記事を参考にして遺産分割協議証明書を考えておくと良いです。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。
不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続における遺言代用信託とは?遺言書がなくても遺産が相続できる!   記事一覧   代襲相続とは?その概要や注意点についてご紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る