大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 相続における遺言代用信託とは?遺言書がなくても遺産が相続できる!

相続における遺言代用信託とは?遺言書がなくても遺産が相続できる!

≪ 前へ|朝陽 北新地 ランチ   記事一覧   相続における遺産分割協議証明書とは?相続をスムーズに進めよう|次へ ≫

相続における遺言代用信託とは?遺言書がなくても遺産が相続できる!

相続のために遺言書の作成を検討している人も多いと思いますが、遺産を引き継げる遺言代用信託という方法もあります。
「遺言書を書くから大丈夫」という考えではしっかりと相続が済むかどうか分かりませんよ。
今回は相続における遺言代用信託のメリットと注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続の遺言代用信託のメリットとは

歳を重ねていくと相続のことを考える人も多いのではないでしょう。
自分の意思を反映できる遺言書は、オーソドックスですが遺言書を書かずとも指定した人に遺産を引き継げる遺言代用信託というものがあります。
遺言代用信託のメリットは

●被相続人が亡くなってもお金を引き出すことができる
●遺産分配は孫の代まで定められる


上記が挙げられます。
被相続人が亡くなった場合には一時的にお金を引き出すことはできなくなります。
預金を誰が相続するか決まるまでは、預金を銀行側が凍結するからです。
遺言代用信託であれば被相続人が亡くなった場合でもお金を引き出すことができます。
遺言代用信託は、被相続人の遺産を受け取った子供が亡くなったときに孫の代まで分配を定めることができます。
被相続人の遺産の分配は遺言書で意思の表示が可能ですが、孫の代までとなると子が遺言者を書かなければいけません。
孫の代まで遺産配分をしっかりと決めたい場合には、遺言代用信託を利用すればスムーズにことが進むでしょう。

相続の遺言代用信託における注意点とは

相続について考えるなら遺言書ではなく、遺言代用信託がおすすめですが、注意点も考えておく必要があります。
遺言代用信託の注意点としては、

●受益権は相続税の課税対象になる
●遺留分には注意が必要


相続においては所有権や賃借権などの権利も課税対象になります。
遺言代用信託の受益権も相続税の課税に含まれてきます。
遺言代用信託には、遺留分にも注意が必要です。
法定相続人には遺言書で不利益を被らないように遺留分が認められています。
遺留分を侵害している場合、侵害されている人は相手に対して支払いを求めることができるのです。
遺言代用信託で遺留分が侵害されたなら、遺留分減殺の請求をされる場合があるので注意しておきましょう。

相続の遺言代用信託における注意点とは

おすすめ|任意売却

まとめ

今回は相続における遺言代用信託についてのメリットと注意点を紹介しました。
相続における意思表示の方法は遺言書だけではありません。
便利に活用できる遺言代用信託ではありますが、メリットと注意点をしっかりと理解してから利用してみてはいかがですか。
収益目的の不動産を、私たち株式会社街くるではご紹介しています。
なにかお困りでしたらお気軽にまでご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|朝陽 北新地 ランチ   記事一覧   相続における遺産分割協議証明書とは?相続をスムーズに進めよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る