大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 代襲相続とは?その概要や注意点についてご紹介します!

代襲相続とは?その概要や注意点についてご紹介します!

≪ 前へ|相続における遺産分割協議証明書とは?相続をスムーズに進めよう   記事一覧   おかじま 北新地 ランチ|次へ ≫

代襲相続とは?その概要や注意点についてご紹介します!

さまざまな理由により相続人の代わりに行うのが代襲相続ですが、実際どんなものなのでしょうか?
「代襲相続を理解してなくても平気」と考えていると相続争いに巻き込まれてしまうかもしれません。
今回は代襲相続の概要や注意点について紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

代襲相続の概要とは

代襲相続とはどんなものを指すのでしょうか。
分かりやすく言うと相続人になるはずの人が、相続できないときに、その人の子が代わりに相続すると言うものです。
基本的には配偶者や子、兄弟姉妹などの決められた法定相続人が存在しています。
法定相続人が被相続人より先に亡くなっている場合に代襲相続が関わってくるのです。
相続人が変わるだけと考えれば簡単に思えますが、複数に相続人が増えてしまうこともあるのが、代襲相続の大きな特徴です。
相続人の人数が増えることで、遺産を相続する話し合いが上手くいかないことも考えられます。
代襲相続というのは、亡くなった被相続人の配偶者が間違いなく相続人になります。
配偶者は内縁の妻や離婚した元配偶者は相続人に含まれません。
被相続人が亡くなった場合には配偶者以外の親族は、相続人になる順位が決められているので覚えておきましょう。

● 第1順位は亡くなった人の子
● 第2順位は亡くなった人の父母
● 第3順位は亡くなった人の兄弟姉妹


上の順位の相続人がいる場合には、必ず上の順位の人が相続人になります。

代襲相続における注意点とは

代襲相続によって相続人の数が増えることで、基礎控除額が増えることから節税になりますが、遺産分割の手続きが大変になることは注意しましょう。
遺言書がない場合には、遺産分割協議書を作ると相続人全員の話し合いを行うことになります。
協議がまとまれば、全員の印鑑証明と署名と押印をして書類が完成になります。
相続人の協議は一筋縄でいかないことが多く、亡くなった方への貢献度や生前贈与などトラブルの原因は多くあるからです。
相続人が遠方に住んでいる場合には、遺産分割協議がスムーズに運ばない結果になりやすいです。
代襲相続の相続人が一人ではなく複数存在しているなら、遺産の協議をストレスなく終わらせることは難しいかもしれません。
相続人が何人か存在している場合の代襲相続は、スムーズに終わらせないと相続税の申告や相続税の各種控除の利用にも支障が出る恐れがあります。

代襲相続における注意点とは

必見|リースバックとは?

まとめ

今回は代襲相続において概要は注意点を解説しました。
相続人になるはずの人が相続できないときに、その人の子が代わりに相続する代襲相続は覚えておきましょう。
相続人の複数人いる場合も考えて注意点も含めてチェックしておくと良いですよ。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。
これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続における遺産分割協議証明書とは?相続をスムーズに進めよう   記事一覧   おかじま 北新地 ランチ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る