大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > みなし贈与とは何か?みなし贈与のケースを紹介します

みなし贈与とは何か?みなし贈与のケースを紹介します

≪ 前へ|契約時に必要な「印鑑証明書」とは?必要な手続きについてご紹介   記事一覧   不動産相続における司法書士の役割とは?依頼するメリットについてご紹介|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

みなし贈与とは何か?みなし贈与のケースを紹介します

財産を相手に双方合意のうえ無料で渡すと「贈与」となり、一年間で110万円を超えると贈与税が課税されます。
また相続税を少なくするため、生前に将来の相続人に不動産を安く売却するとみなし贈与となり贈与税が課税されます。
今回はそのみなし贈与とは何か、そしてみなし贈与のケースを紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

みなし贈与とは何か

みなし贈与とは、本来定められている「贈与」ではない形で財産などの受け渡しを行うことを指し、贈与税の課税対象にもなります。
ここではみなし贈与と何か紹介します。

みなし贈与とは

贈与とは相手に無償で財産を渡すことをいい、みなし贈与とは相手に経済的な利益を与える行為をいいます。
贈与、みなし贈与を受けた相手は贈与税を支払わなければなりません

贈与にあたる財産

贈与にあたる財産は民法に規定があり、現金・預貯金のほかに、不動産、自動車、家財、有価証券、債務の権利などがあります。
みなし贈与では無償でそれらの財産を与えるのではなく、価格を安くして売ったり負債を肩代わりしたりする行為をいいます。

みなし贈与のケース

ここではみなし贈与のケースを紹介します。

こどもに不動産を低額譲渡した場合

親がこどもに不動産を時価より安く譲渡した場合はみなし贈与となる可能性があります。
こどもは時価と売却価格の差額に贈与税がかかり、親にはみなし譲渡所得税が課税されます。
例えば本来5,000万円の価値がある不動産を、1,000万円で売却した場合は本来の価格と著しく乖離があるため、みなし贈与にあたります。
「著しさ」の程度については、明確な定義がないためケースバイケースになりますが、目安としては本来の価値の20%以上の値引きがされている場合に該当するものと考えましょう。

こどもの借金を肩代わりした場合

親がこどもの借金を肩代わりした場合はみなし贈与となります。
ただし、こどもに借金を返済する資力がない場合はみなし贈与とされず贈与税が課税されないことがあります。

こどもが生命保険の満期返戻金を受け取った場合

親が保険金を支払い死亡した場合は死亡保険金に相続税が課税されます。
こどもが生命保険の満期返戻金を受け取った場合はみなし贈与となり贈与税が課税されます。
生命保険の満期返戻金は相続時に受け取った場合は相続税が贈与税より少額になる可能性があります。

こどもの奨学金を支払った場合

親がこどもの奨学金を返済途中に年間110万円を超えて支払った場合は、みなし贈与とみなされる可能性があります。

みなし贈与のケース

まとめ

今回はみなし贈与について紹介しました。
みなし贈与は現金や不動産のほかにも、生命保険の満期金の受け取りや債務の肩代わりなどの行為があります。
みなし贈与に当たるとは気づかずに相手に財産を与える行為があり、贈与税が課税される場合があるので注意が必要です。
相続関係で思わぬ問題に直面しないよう、事前によく調べておくと安心できるでしょう。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にテナントの不動産物件を豊富に取り揃えております。
これから開業したい方は、お気軽に当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|契約時に必要な「印鑑証明書」とは?必要な手続きについてご紹介   記事一覧   不動産相続における司法書士の役割とは?依頼するメリットについてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る