大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 契約時に必要な「印鑑証明書」とは?必要な手続きについてご紹介

契約時に必要な「印鑑証明書」とは?必要な手続きについてご紹介

≪ 前へ|めがねや 北新地 ランチ   記事一覧   みなし贈与とは何か?みなし贈与のケースを紹介します|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

契約時に必要な「印鑑証明書」とは?必要な手続きについてご紹介

契約の締結や重要な書類を作成する場合などでは印鑑と印鑑証明書が必要になります。
今回は印鑑証明書とは何か、そして印鑑証明書が必要な手続きについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

印鑑証明書とは何か

ここでは印鑑証明書とは何かを紹介します。

印鑑証明書とは

印鑑証明書とは、押印した印鑑がその人のものであると証明する書類のことを指します。
印鑑証明書を提出すれば印鑑が本人のものと確認できますので、契約書や重要な書類を作成する場合は必要になります。

印鑑登録

わが国には「印鑑登録」という制度があり、実印を役所に登録することで、その実印が自分のものであることを印鑑証明書で証明できます。
実印とは役所に登録した印鑑のことです。

印鑑証明書の手続き

住民登録をしている市町村の窓口で印鑑登録を行いますが、登録の際は印鑑、身分証明書とマイナンバーカードが必要です。
身分証明書があれば申請した日に印鑑登録は完了し印鑑証明書が発行されます。

印鑑登録カードの発行

印鑑登録が完了すると、印鑑登録カードをもらえます。
印鑑登録カードには発行手数料が数百円かかり、印鑑証明書を発行する際に必要になります。

印鑑証明書の発行場所

印鑑証明書は居住地の役所で発行できますが、申請者が本人でない場合は代理人で発行可能で、その際は代理人の身分証明証が必要です。
またマイナンバーカードで印鑑登録すればコンビニで発行することも可能です。

引っ越した場合の注意点

別の市町村に引っ越した場合は、新居の役所で印鑑登録が必要です。
元の居住地の役所に転出届を提出すると印鑑登録は自動的に廃止されますが、新居の住所では新たに必要な書類を揃えて印鑑登録の手続きしなければ印鑑証明書は発行されません。

印鑑証明書が必要な手続きについて

ここでは印鑑証明書が必要な手続きについて紹介します。

マンションや一戸建てなどの建物の購入

建物を購入する際の登記移転で印鑑証明書が必要です。

住宅ローンの設定

不動産を購入する際の借入金の手続きで印鑑証明書が必要です。

抵当権の設定

住宅ローンで抵当権を設定する際に印鑑証明書が必要です。

死亡保険金の受取

死亡保険金の受取手続きでは相続人全員の印鑑証明書が必要になります。

自動車の購入

自動車を購入する際に印鑑証明書が必要で、自動車の売却や廃車の際にも印鑑証明書は必要です。

印鑑証明書が必要な手続きについて

まとめ

今回は印鑑証明書とは何か、そして印鑑証明書が必要な手続きについて紹介しました。
印鑑証明書はマイナンバーカードによる登録でコンビニでも発行できて便利です。
印鑑証明書が必要な場面で慌てないよう、実印と登録カードは紛失しないよう保管に注意が必要です。
私たち株式会社街くるでは、大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方のご相談を承っております。
不動産経営についてお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|めがねや 北新地 ランチ   記事一覧   みなし贈与とは何か?みなし贈与のケースを紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る