大阪を中心にオーナー様や事業を立ち上げたい方、
相続などでお困りの方全般的にご相談を承ります!

大阪府大阪市北区堂島1丁目2-10第2堂栄ビル 601

  • LINE
  • Facebook
  • twitter

大阪市北区のテナント情報や不動産のコンサルティングは街くるへ > 株式会社街くるのスタッフブログ記事一覧 > 不動産相続における司法書士の役割とは?依頼するメリットについてご紹介

不動産相続における司法書士の役割とは?依頼するメリットについてご紹介

≪ 前へ|みなし贈与とは何か?みなし贈与のケースを紹介します   記事一覧   つるとんたん 北新地|次へ ≫
カテゴリ:相続コンサルティング

不動産相続における司法書士の役割とは?依頼するメリットについてご紹介

不動産を相続する際は相続登記が必要です。相続登記は司法書士に依頼する方法と自分で行う方法があります。
今回は不動産相続を司法書士に依頼する方法場合、まず司法書士の役割と、続いて司法書士に相談や依頼をした方が良い人やメリットについて紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続における司法書士の役割

相続登記を司法書士に依頼する際の、司法書士の役割について紹介します。

そもそも司法書士とは

司法書士とは他人の依頼を受けて登記の手続きや申請などを行う登記手続の専門家です。
不動産の名義変更登記手続は、相続登記の国家資格者である司法書士に依頼できます。
しかし依頼主の代理人として他の相続人との交渉はできません。そのため他の相続人と交渉する事案が発生した場合は弁護士に依頼します。

司法書士の役割

司法書士は法務局に提出する登記書類の作成や、裁判所や検察庁に提出する書類などの作成を行います。
不動産相続では法務局での相続登記、相続関係説明図や遺産分割協議書などの作成を行います。

司法書士が相続登記で行うこと

不動産相続では、必要になる戸籍謄本や住民票の取得、遺産分割協議書の作成、そして相続登記までの処理をまとめて司法書士は行います。"

司法書士に不動産相続の相談をしたほうが良い人やメリットについて

相続登記を自分で行わず司法書士に依頼したほうが良い人やそのメリットについて紹介します。

相続登記を司法書士に相談した方が良い人

相続登記では法務局に申請する書類の収集や法務局にも出向く必要があります。それらの書類は複雑で収集にも手間がかかります。
また役所に出向く時間も必要になり、平日忙しい人は手続きのたびに役所に出向く時間が十分に取れないかもしれません。
相続登記の時間がとれず複雑で面倒な作業を省きたい人は司法書士に相談すると良いです。

司法書士に相続登記を依頼するメリット

相続登記を行う場合、予期せぬトラブルや争いが発生する可能性があります。
司法書士は法律の専門家として、登記手続きを行うほか、予想できるトラブルの知識があります。司法書士に相続登記を依頼すれば、相続に関するトラブルや争いを未然に防ぐプランを依頼者に合わせて作成します。

司法書士に不動産相続の相談をしたほうが良い人やメリットについて

まとめ

今回は相続登記における司法書士の役割と、相談や依頼をしたほうが良い人、そして司法書士に相続登記を依頼するメリットを紹介しました。
相続登記に時間がとれず複雑な手続きを依頼する場合は、まず登記の専門家である司法書士への相談をおすすめします。
収益目的の不動産を、私たち株式会社街くるではご紹介しています。
なにかお困りでしたらお気軽にまでご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|みなし贈与とは何か?みなし贈与のケースを紹介します   記事一覧   つるとんたん 北新地|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る