任意売却

任意売却とは?

病気や失業など、さまざまな事情によりローンの返済が困難になった際には、不動産を売却することで返済資金を調達することになります。

その方法としては、一般的に「競売」による手続きが知られています。金融機関が担保不動産を差し押さえ、所有者の意思とは関係なく、入札制度により売却する制度です。
このとき、売却額がローンの未返済分よりも高ければ問題はありませんが、売却額がローン残高を下回り全額返済できない場合には、強制的に立ち退きを迫られるうえに、ローンの残額は払い続けなくてはなりません。

この「競売」によって不動産を処分される以前の段階で、金融機関との合意にもとづき自らの意思で不動産を売却することを「任意売却」と言います。

 

 

競売の場合、任意売却の場合

任意売却のメリット

任意売却の大きなメリットとして、下記の2つが挙げられます。

merit1 競売に比べて売却価格が高くなりやすい

競売の場合、任意売却の場合2

競売では裁判所の決定する売却価格で落札されることになるため、市場価格のおよそ70%程度の額になることが多く、ローンの未返済分が多く残ってしまう可能性が高いです。
いっぽう任意売却であれば、市場価格に近い価格で売却ができ、ローンの残高を減らせる可能性が高まります。

merit2 売却後、債務が残ったとしても
金融機関による柔軟な対応が見込める

競売の場合、任意売却の場合3

競売の場合売却により発生した資金はすべてローンの支払いにあてられることになり、売却額が残高を上回らないかぎり、債務者の手元には資金が残りません。強制退去の際の引越し費用なども当然受け取ることができず、残債を返済しながら新生活の資金を調達する必要があります。

いっぽうで、任意売却であれば金融機関などとの交渉により、再スタートのための資金として30~50万円残すことも可能です。その後の返済計画についても、金融機関との交渉により譲歩を引き出すことが期待できますので、競売に比べて無理のない計画を立てていくことができます。

当然、金融機関などとの交渉により有利な条件を引き出すためにはノウハウが必要です。依頼する業者によって、手元に残る資金や返済計画は大きく左右されることになります。