テナント収益物件のすすめ

メインイメージ

事業用不動産を購入される方が増えています。
購入理由はインフレ対策や、相続税対策のようです。

 

事業用不動産購入で失敗しないためには、
事業用不動産ローン、事業用不動産を選ぶ際のポイントなどについて
きちんと知っておくことが大切と言えます。

 

 

事業用不動産のメリットとデメリット

ハイリスクの代わりに高い利回りが期待できますが、デメリットもございます。

メリット

1.利回りが高い

2.賃料の単価が高い

3.保証金が多く、運用できる

4.経費率が高い

5.現状回復の負担が少ない

6.契約自由の原則

デメリット

1.空室リスクが高い

2.賃料の変動が大きい

3.募集にノウハウがいる

4.金融機関の融資条件が厳しい

5.地震保険に加入できない

実績豊富な 街くる だからできること

街くるでは、お客様の様々なニーズにお応えするため経験豊富な事業用不動産の専門スタッフが、万全の体制でスピーディな売却をサポートします。

 

どのような不動産であってもワンストップで対応可能。
保有資産の速やかな現金化を協力にサポートします。

 

 

あらゆるジャンルの取り扱いあり

 

9,000社以上の企業とコンタクトが可能

 

テナント物件に特化した不動産コンサルタント